社員を知る社員を知る

浅沼 美洸
特販営業部
特販第一営業所
業務課

必ず誰かが相談に乗ってくれる環境

なぜジューテックを選んだのですか?

ジューテックの面接を3回受けましたが、どれも「面接」というより「会話」に近いものでした。好きなことは何か、学生時代にやっていたスポーツは?など…。用意していた回答ができず、かえって素の自分を出せたことで、ジューテックを好きになりました。また、就職活動を進めるうちに、営業より内勤として役に立ちたいと考えるようになったのですが、そんな心境の変化もすんなり受け入れてくれたジューテックに、入社しようと決めました。

現在の仕事内容と役割を教えてください。

業務課のメンバーとして、営業が受注した住宅資材の手配を行っています。新築住宅の建築には様々な工程があり、各段階で必要になる資材をピタッと納品することが大切。たとえば、基礎の段階でトイレを納品することはありえません。現場監督と連絡をとりながら、「いつ」「どんな資材が必要か」をしっかりつかんだ上で手配を行うのです。繁忙期には月100棟程の建築現場に対応しています。

仕事でのやりがい、魅力を教えてください。

現場がスタートすると、一日中監督とやり取りをします。おそらく会話の量は営業以上でしょう。そして、現場で図面通りに資材が納まらないときは、「もっと小さいの、ある?」などと相談を受けることも。その場合はすぐにメーカーの資料を調べ、私から「こういうのはいかがでしょう」と提案します。まるで営業のようですが、私のちょっとした提案で現場がうまく収まったときには、とてもやりがいを感じます。

他社に負けないジューテックの強みは?

月並みですが、やはり「人」だと思います。私が所属している特販第一営業所の業務課では、私が一番若手。私の相談を聞いてくれる中堅の先輩、豊富な経験をもとにアドバイスをくれるベテランの先輩が揃っています。「これどうしよう…」とつぶやくと、すぐに誰かが「どうしたの」と応えてくれる環境は、本当にありがたいです。

仕事で大事にしていることは何ですか?

「気づかい」を一番大事にしています。何かを探している人がいれば「どうしました?」。電話口でしょんぼりしている人がいたら「何か言われた?」。…忙しいときほど視線を上げ、周りを気づかうように心がけています。業務課では一番若手ですが、営業所全体では後輩もいます。あまり手を差しのべるとかえって成長を妨げるので、立ち位置をわきまえながら、自分にできることでサポートしています。

就活生へのメッセージをお願いします。

私は就職活動で、初めて自分を見直す機会を得ました。これほど自分を見つめることは、もう一生ないだろうと思えるほどです。周りからも指摘を受け、自分の良いところ、苦手なところを整理できたおかげで、ジューテックと出会えたと感じています。めったにない機会ですから、じっくり自分を見つめ直すこと。そして、様々な業界を見て、自分に合った会社を探すことをお勧めします。

1日のスケジュール

  • 羽二生 亜衣
  • 鶴田 裕海
  • 松岡 祐太
  • 浅沼 美洸
  • 牧野 祐己