お問い合わせ

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

当社は、企業価値の向上を図り、株主様をはじめとして、取引先様、消費者様、社員や地域社会等のステークホルダーに対する責任を確実に果たしていくことが、経営上の重要課題であると認識しております。そのために、的確かつ迅速な意思決定、それに基づく効率的な業務執行、並びに適正な監督機能を確立した透明性の高い経営体制を構築するとともに、コンプライアンスを重視したコーポレート・ガバナンスの構築に取り組んでまいります。

コーポレート・ガバナンス報告書

    コーポレート・ガバナンス体制

    1. 取締役会

    取締役会は、現在6名(うち社外取締役2名)で構成され、社外取締役の全員は東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。毎月1回定例の取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、当社並びに傘下の各子会社の経営上の重要事項の審議、決定と取締役による業務執行の監督を行っております。

    2. 監査役会

    当社は、監査役制度を採用しております。監査役会は現在3名で構成し、その全員が社外監査役であり東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定しております。毎月1回定例の監査役会を開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、取締役による業務執行の適正性を監査しております。

    3. 経営会議

    当社は、経営効率の向上を図るため、原則月2回経営会議を開催し、重要事項の審議・決定および取締役会に上程する議案の事前審議を行っております。

    4. リスク・コンプライアンス委員会

    当社は、法令遵守およびリスクの管理強化を目的に、リスク・コンプライアンス委員会を設置し、リスクの分析と検証を行う一方で、グループ会社を含む各部署にコンプライアンス・オフィサーを選任するとともに、コンプライアンス・ホットラインを開設しております。

    5. 内部監査体制

    当社は、内部監査室(7名)を設置し、定期的に、また、必要に応じてグループ会社を含む各部署に業務監査を実施するとともに会計監査人の監査への立会いなどを実施し、業務処理における適正性・効率性の確保しております。